めざす農業像

株式会社サンビレッジ四万十

基本理念

  • 私たちは影野地区の農業を活性化することで、地域の資産(農地・地域文化)を守ります。
  • 私たちは影野地区の農業のブランド化に努め、新たな担い手を生み出す農業に取り組みます。
  • ページのトップへ

サンビレッジ四万十の営農方針

  • 永久的に地域の資産(農地・地域文化等)の管理を図る。
  • 本当に美味い米作りに主眼をおき、付加価値のある米を作るとともに、独自の販路を開拓する。
  • 施設野菜(ピーマン等)や露地野菜(トーモロコシ、里芋、カボチャ、ニンニク、菜花等)を導入し、さらなる経営の複合化に取り組む。
  • 周辺集落は、中山間地域等直接支払制度の協定集落ということもあり、集落ごとに営農組織が数多く存在する中、サンビレッジ四万十は中核組織の代表として、地域の組織運営のサポートや作業受注等を進める。
  • 地域で一人でも多くの雇用を確保し、農産物(米、ゆず、栗、ブルーベリー、大豆等)の加工等、経営の多角化にも取り組むとともに、観光農園の整備等消費者との交流を通して、地域の活性化に寄与する。また、法人だけが発展していくのではなく、「集落内の農家・非農家が、ここに住んでいて良かったと思える集落」づくりにより魅力ある地域へ発展する中で、法人も発展していきたい。
  • ページのトップへ

経営戦略

  • 米の影野ブランドの構築
  • 施設野菜の効率栽培
  • 露地野菜の規模拡大
  • 独自の販売チャンネルの保有
  • 観光やイベントによる地域全体のブランド化
  • ページのトップへ
Copyright (C) 2011- Sunvillage Shimanto. All Rights Reserved.